2021年3月4日:「4-6歳保護者セミナー」を開催しました

2021年3月4日(木)に4-6歳保護者セミナーが開催されました

セミナーの対象となる方は4歳から6歳のお子様をお持ちの保護者様でしたが、幼児部の保護者様も参加する活気のあるセミナーとなりました。

大きな幹のある子どもになってほしい。というお話から始まりました。
幼児期からプレ小学部、そして小学部へと成長していく中で、非常に多感な時期を迎え、親としても子育てに対する悩みや迷いが非常に多く出てくる時期です。このプレ小学部の時期にやっておくべき8つの事や、素地力を木の幹に例えて、どのように幹や根を太くし枝葉を豊かに育てるかというお話をさせて頂きました。

後半部分は、事前にご通室の皆様から頂いた質問事項に、理事長が全て回答しました。
子育てで知りたい事や疑問に思った事は、他のご家族の方も同じように知りたい内容だったりします。全て動画に残しておりますので、今回参加が難しかった方も是非DVDでご視聴頂きたい内容となります。

お母様のご参加が多く見られましたが、是非お父様にもご受講頂きたい内容です。ご家族で楽しく教育やしつけを考えていくのも良いと思います。お子様の眠っている潜在能力を存分に引き出してあげて下さい。ヘーグルは、親御様とお子様に向き合い一緒に考え、全力でバックアップしていきたいと思います。

今回参加された方の感想文

  • 現在4歳の息子が幼児部の時は、毎日の取り組みや生活面での悩みが多く親の私の方がモチベーションが上がらずモヤモヤしていました。
    4月から幼稚園に入り、生活面の悩みが減った秋頃ちょうどHEGLの年中コースがスタートし、私のモチベーションが上がったら息子も自然と家での取り組みや授業のやる気が出てきました。
    本当に先生方がいつもおっしゃっている通り、親と子が鏡でした。
    毎週HEGLに通い、今日のようなセミナー、共育大学などで先生方の話を聞き、常に自分を保てるように努力していきたいと思います。
    いつも親の私も楽しく通わせて頂きありがとうございます!

  • 4-6歳の時の大切さを改めて学ぶことができました。少しずつ自分の気持ちを伝えたりすることが出来るようになってきた今、子ども達との向き合い方を見直すことができました。
    兄弟、それぞれ性格が全く違うので対応の仕方に悩むこともありますが、比較する事ないように一人一人と向き合い見守っていきたいと思います。
    まず私自身がプラスな感情で子ども達と話すことができるように気持ちを整えていきたいと思いました。参加できて良かったです。ありがとうございました。

  • 4-6歳でやる8つの事を再確認出来て良かったです。
    家での取り組みも大事だが、ほどほどにしてバランス良く進めていきたいです。
    好きな事を中心にやって突き抜けるぐらいに伸ばして成功体験をつませてあげたいです。
    自然体験は今までなかなかできなかったが、日曜日に時間を作って自然に触れさせていきたいです。
    数の取り組みが嫌いで、今はやりたくないと言っているのでスキップしているが、好きにさせるポイントを探してトライアンドエラーを繰り返してやる気を出せるようにしていきたいと思います。
    本日はありがとうございました。

  • 先日知人から「右脳もいいけど、読み書き計算等も必要なのでは?」という質問をもらったばかりで、その答えが改めて明確になりました。
    今は10歳までの時期で幹の部分が大事との事、とても納得しました。やはりバランスですよね。
    左脳的アプローチもしっかりして下さるヘーグルにより信頼を感じさせてもらいました。全てがとても良い確認と学びの内容でした。
    ありがとうございました。

  • 小学校へスムーズに結びついていくための、しっかりした土台を築くためのポイントの時期なんだなと思いました。
    柔軟で、様々な体験を受け入れ、受け取れる今こそ能力開発に最適な年齢だと思います。
    興味のある事、好きな事、夢中になれることを一緒にさぐり合いながら子どもと二人三脚のつもりで、決して上に立って命令することなく並走していきたいと思います。
    理事長先生の方から、あらかじめ提出しておいた質問の回答を頂くことができ、すぐにでも育児に取り組みたいなと心救われる気持ちになりました。
    ヘーグルと子どもと先生たちと家族でチームワークで進んでいきたいです。前へ進んで未来を楽しみにしていきたいと思います。
    これからもよろしくお願いします。