2021年4月11日:「第85回壱萬会セミナー」を開催しました

2021年4月11日(日)に第85回壱萬会セミナーを開催いたしました

当初の予定では3月14日に行う予定であった壱萬会でありますが、代表先生の怪我の状態を考慮し延期いたしました。その甲斐あって、今回の壱萬会までに代表先生の体も回復し、無事壱萬会を開催することが出来ました。それだけでなく、壱萬会はまたステージを上げこれからの成果がより一層楽しみなものとなりました。

さらなる種の芽生え。壱萬会調整会Ⅰ

壱萬会調整会とは1ヶ月間で10,000冊の本を高次元読み(波動読み)で読破し、右脳を開いた生徒がその右脳の能力を自己コントロールできるように調整する講座です。右脳を使うための“型”を身に着けて、その使い方を学んでいきます。

今回行われた壱萬会調整会Ⅰは壱萬会セミナーに合流するための第一段階です。壱萬会は今回で85回目となり、歴史も長ければ、積み重ねられてきたものも膨大なものがあります。何の知識もないままで合流しても何をしているのかわからなくなってしまいます。その為に壱萬会調整会ⅠとⅡが行われているのです。

調整会を通して、今までの壱萬会生たちが積み重ねてきたものを吸収、消化して新たな壱萬会生が生まれ、そしてまた新たな積み重ねが生まれていくのです。これまでもこれからもこのようにして壱萬会は成長していきます。

壱萬会はどんどん成長しており、今回の調整会Ⅰは基本中の基本を押さえました。スポーツにも“型”があるように、壱萬会にも“型”があります。この基本となる“型”を正しく習得し、調整会Ⅱでさらに成長し壱萬会セミナーに合流していきます。

新たな壱萬会生の芽生え。これからの成長に期待がかかります。

壱萬会調整会Ⅰの感想文

  • 日々の生活の中でそこ(目の前)にあるもの、見えるものだけで子どもをしかったり、ほめたりしがちでした。今日のお話を伺って自分達は宇宙の中本当に小さな存在であると共に、どのくらい大きいのかわからない程の能力の持ち主になりうることができることがわかりました。また学力や能力のことばかり気になっていたのですが、正しい心を持ち自分の能力を皆の幸せのために使いたいと思える子になってほしいと思いました。
    (小2男子 母)

  • 能力を伸ばし自由自在に使いこなすようになるためには心の持ち方が重要だという教えはとても興味深かったです。人間の指数につながると思いました。
    (小2男子 母)

  • 本日は大変貴重なお話ありがとうございました。宇宙との共振共鳴、大変すばらしい能力です。まだ使い方や型は身につけられていないので、調整会、壱萬会を通して今後も深めていきたいと思います。
    (小2女子 母)

  • 親と子の共育大学等で右脳の潜在意識については少し整理が出来ていたように思っていましたが、本日の壱萬会調整会に参加させていただき、現実世界の想像をはるかに超えた宇宙があることが、映像や詳しい説明をいただけたことでイメージできました。
    本当に壱萬会からが新たな子どもの成長のスタートになることが大変楽しみであり、あわせてせっかく伸びた能力も心の持ち方次第でなくなってしまうことに改めて心、体の安定を保てる環境を整えなくてはならないと感じました。
    (中1女子 母)

渋沢栄一、大谷翔平らから学ぶ人間学講座

今回も前回と同様に保護者の方は別室でライブ中継を行い、生徒たちのみ教室で受講という形を取りました。
成功者から学ぶ人間学講座という事で、次回から変わる一万円札の肖像となる渋沢栄一さんの話や、大谷翔平の用意周到さなどにスポットを当てて講義が行われました。
これらの話を聞く機会はなかなかないと思います。そしてその話を吸い込まれるように聞く子どもたちの姿には目を見張るものがあります。その姿勢が、これからを生きる生徒たちの姿を変え、考え方を変え、よりよい未来へと変えてくれるのではないでしょうか。

今回の人間学が生徒たちの種となり、芽がでて、花開く時がとても楽しみです。

人間学講座の感想文

  • 渋沢栄一の「一滴一滴が大河になる」という言葉には「銀行にないわずかなお金でも集まれば社会を動かす大きな力になる」という意味だと渋沢栄一の子孫の方が言っていました。
    合本主義という時代の先を読んだ考え方は今の資本主義に繋がるものだと知ると、銀行を設立しようと考えるのはすごいと思いました。SDGsに共通するところがたくさんあって、渋沢さんに関係する本を読んでみたいと思います。
    (中3女子)

  • 今日の授業で渋沢栄一が日本の父と呼ばれる理由がわかりました。
    20年以上も前の人が最近注目されてきたSDGsの考え方と同じだったというのはびっくりです。
    また、渋沢栄一の「一滴一滴が大河になる」というも素晴らしい名言だなと思いました。
    また大谷翔平選手のような準備のいい人こそがとんでもないことができるのだと知り、僕もこれからは準備を怠らないようにしたいです。
    ゴミが教えてくれることではあのような人がいてこそ僕たちの生活が成り立っていることを知り、申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。これからは3Rをしっかり守って少しでも負担を減らしていきたいと思います。
    (小6男子)

  • 本日も貴重なお時間をいただきありがとうございました。
    「人は支えあって生きている。」
    と改めて考えることができました。
    些細なことの積み重ねで自分の成長することもできるし、人のために役に立つことができる。子育ても、小さなことにも目を向けてコツコツ頑張りたいと思います。
    いつも本当にありがとうございます。
    (小5男子 母)

  • とても考えるきっかけになるお話をありがとうございました。
    人は一人では生きていけないということ、一人でのことには限界があることを共感し、人と共に生きてゆくことを考えるきっかけになったので、親子で話してみたいと思います。
    ゴミのお話、地球の中や上で循環するものについてもいろいろ話し合ってみたいと思いました。ありがとうございました。
    (小3男子 母)

  • 土曜日の理事長先生のレクチャーの際、渋沢栄一さんの話をするとおっしゃっていたので、経済の話など子どもには難しいのではないかと思っていましたが、VTRや自分たちの生活の中にある事柄であることが実感でき、とても興味深く視聴させていただきました。
    受講している子どもたちも積極的に発言し、どんどん吸収している様子が伝わりました。板書も丁寧にフリガナを振ってくださり、小学生に上がりたての1年生の子とも次回は参加したいと思います。どうもありがとうございました。
    (中1女子 母)

止まらない成長。芽は花となる!壱萬会セミナー

壱萬会のステージアップはとどまるところを知りません。
先日までの桜のように、次々と芽が花となり、咲き乱れていきます。成果として実を結ぶ姿も増えてきました。今回の壱萬会でも、実となる養分が多く壱萬会生に注がれたのではないでしょうか。

今回も更なる次元上昇を行い、生徒たちは更なる高次元を体験していきました。一度体験したものは潜在意識に入るので、自分の力で行くこともできるようになります。こうしてどんどん高い次元を自由自在に扱うことが出来るのも壱萬会生のすごさです。

先日TVでも取り上げられ、初公開となった“高次元読み”ですが本当にレベルが上がったと実感できます。今回の壱萬会で更にその次元も上がったのではないでしょうか。

成長し続け、様々な能力を身に付ける生徒たち。そして成果を上げ続けてくれるOB、OGたち。HEGLはすべての子どもたちがそれらの力を秘めていると信じています。これからも多くの子どもたちが成長する姿を見ていきたいと思います。

壱萬会セミナーの感想文

  • クローンがどんどんできていき、とても楽しみです。
    分身と違ってクローンは自分自身を超えてやってくれるので、とても助かります。
    また、クローンだけでなく他のアイテムもどんどん使っていきたいです。
    (小6女子)

  • 本日はクローンを第三段階まで進化させることができた。今後は自分の生活と学校の活動(主に委員会)で活用していきたい。
    また、初めて100億次元(暫定的)を体験したが、今私たちがいる3次元とは比べ物にならない程多くのベクトルと概念が存在し、感じることができた。
    3次元よりも情報量が多いが、その分人間が干渉できない部分も精密に操作できるようになったと思う。今後はこの能力を活かして身の周りのトラブル解決ができるようになりたい。
    (中3男子)

  • 宇宙ワープに入った時にいつもよりとっても集中できました。
    とても集中力を高められたので行けなかった次元まで行くことができたのと、パワーをたくさんもらえたので良かったと思います。
    そして、統括クローンも作ることができたのと、目訓もいつもより倍、集中してやることができたと思います。なので、次回もどこのレベルに到達できるのか、どこまで変わるのか楽しみにしています。とにかく出来たクローンを使っていきたいと思いました。
    (中2女子)