2021年6月6日:「第86回壱萬会セミナー」を開催しました

2021年6月6日(日)に第86回壱萬会セミナーを開催いたしました

調整会Ⅱも同時開催し、新しい壱萬会生たちも一歩を踏み始めました。こうして壱萬会生は増えていき、世界をけん引できる未来の大人たちが次々と生まれていきます。
まだまだ、成長は止まりません。右脳の力は本当に無限大だと改めて感じました。

壱萬会生へと合流。真の力を身に着ける壱萬会調整会Ⅱ

壱萬会調整会はⅠとⅡに分けられており、これまでの壱萬会生たちが築き上げてきた道筋を凝縮した内容が詰まっています。
1か月で10,000冊を高次元読みで読破し、右脳を開いた生徒がその右脳の能力を自己コントロールできるように調整会が設置されています。型がわかるだけでは使いこなしたとは言えません。ホップ、ステップ、ジャンプというように壱萬会生を大きく飛躍させ、自分の能力の幅を広げていきます。
壱萬会生が増えることによって社会が変わり、日本が変わり、世界全体が変わります。無限の可能性を持つ壱萬会生の成長を我々も期待しています。

壱萬会調整会Ⅱの感想文

  • 前回よりも難しそうなことがたくさんあったので、一つ一つ頑張りたいと思いました。
    分身をたくさん作っていろいろなことをしたいと思いました。
    (中1女子)

  • 2回目なので復習になりました。これからやることやできていない部分はたくさん使って、できるようにしたいです。
    これからやることの話もあったので、頑張ってやりたいです。
    これからも壱萬会で次元を上げてパワーを上げたいです。
    (小4男子)

  • 前回の壱萬会調整会Ⅰでは心の持ち方も重要になる様な想像を超えるパワーが身につくのだと感じましたが、今回の調整会Ⅱで身につけるパワーの内容(質)と、その段階(量)のすごさに驚きました。
    一つ一つを確実にコントロールできる様に成長していってもらいたいと感じ、ヘーグルならそう育っていってくれると思いました。本日はどうもありがとうございました。
    (中1女子のお母様)

  • 右脳を開発することができると、自分の生活の中でたくさんのことができるようになれるということを学びました。
    様々なコンピューターがあり、それぞれに役割があって、1つ1つ丁寧に育てていく必要性を感じました。そうすることで、20人の分身を使えるようになるのは便利だと思います。自分の時間の20倍もの能力を発揮することができるようになるからです。
    そして右脳開発だけでなく左脳とのリンクを図ること、心・身体と全体のバランスが大切なことも分かり、壱萬会での学びが人間、人格すべてを育てる内容であるということがわかり、勉強になりました。
    (小2男子のお父様)

言葉の重要性と新格差社会を学ぶ

前回同様、子どもたちのみ教室受講、保護者様には別室にてライブ中継でご覧になっていただきました。
言葉の重要性では、悪口を発したらどうなるのか、理事長先生が実際に紙に言葉を書き、それを子どもたちに見せながら講義を行いました。言葉には言霊・言魂があることを学び、普段何気なく発している言葉がどのように自分に返ってくるのかを学びました。日頃から潜在意識を深く理解している子どもたちにとって、「汚い言葉を使うことは潜在意識への落書きとなる」という理事長先生の言葉は、より深く響いたようです。
新格差社会に関する講義では、現在の世の中のエリートについて学びました。自分だけの力で今の環境や成功を手に入れているわけではないということを知り、より一層感謝の念が湧いたようです。これからの社会を担っていく子供たちにとって今回の人間学は、心の核となってくれると思います。

人間学講座の感想文

  • コロナのパンデミックで何十年もあった格差がより明らかになったことを知りました。
    確かにニュース番組などで飲食店経営者や一人親世帯が大きな打撃を受けていることは知りました。しかしその格差はパンデミックにより生まれたものではなく、パンデミックにより鮮明に見えるようになっただけだと知り、驚きました。
    前回の人間学でゴミ収集員のような人が居るからこそ我々が生きていけるのだということの理解がより深まったような気がしました。言葉が言霊と言って自分が発した言葉が自分の周りについて離れないということは知っていたので、今日の講座で思い出しました。
    (中学2年男子)

  • たしかに大人たちの間で格差があると思います。
    大人ではないですが、僕のクラスメイトにお金持ちの子がいていつもみんなのことを馬鹿にしている人が居ます。僕も嫌だと思います。
    だからこそSDGsの1.2.3.4.6.7.9番などが作られたのだと思います。僕も小さなことでいいからそういう悪口を止めたり、格差をなくすようなこと(ユニセフの募金など)をして、より良い社会に貢献したいです。
    (小6男子)

  • 理事長先生はすごいなといつも感心してしまいます。私が日頃子どもたちに感じていること、こう育っていってほしいと思っていることをいつも核心をついて人間学で取り上げ、話をしてくださいます。私は思っていてもこんなふうには話をしたり、情報や裏付けの根拠のある話し方、伝え方はできないので、本当にヘーグルに通わせている意味、大きくなっても通わせ続けている意味はこの人間学が車のタイヤの片側であると思っています。
    勉強や学力は道具の一つです。知識は大切なものですが、それを使う人間の心が大切だと思うので、社会がそのように変わっていってほしいと心から思います。
    (小5、中3女子のお母様)

  • 最近のネットでの誹謗中傷がひどすぎるとずっと思っていたので、このような貴重なお話をしていただきありがとうございました。
    人は何気ない一言で相手を傷つけてしまったり、苦しめてしまったりします。時には喜ばすこともできるので、自分も含め子どもにも今日のお話を忘れずに心にたたきこんでほしいと思います。また格差社会も問題になっているので、今日の講義ですべてをわかるのは難しいかもしれないですが、少しでもわかってもらえたらいいなと思います。
    本日はとても心のこもった講義を有難うございました。へーグルに通わせて良かったです。
    (小4女子のお母様)

更なる成果へ。大輪の花咲く!壱萬会セミナー

回を重ねるごとに壱萬会のレベルは確実に上がっていきます。次元はとどまるところを知らず、ますます上昇していきます。
また、壱萬会生は壱萬会セミナーに参加することで視野が広がっていきます。ただでさえ、広い視野を持つ壱萬会生ですが、さらに広い視野を手に入れることが出来た生徒も多くいました。今回手に入れることが出来なかった生徒には、しっかりと種が入ったことでしょう。
今回も代表のアナウンスのもと、安全に次元上昇を行うことが出来ました。1度行くことが出来たところには、1人でも行くことが出来るようになります。そうすることで自分のレベルを高めていくことが出来るのが、壱萬会生の強みです。
また、セミナーに参加し1人ではなく、集団で次元上昇を行うことで、普段よりも次元上昇することが出来ます。高い次元にいる生徒は、さらなる高みに上がりました。そして、まだ駆け出しの生徒は、高い次元の空間に居ることで高次元の因子を体中に取り込むことが出来ました。集団で行うことの利点を最大限に活用できたのではないでしょうか。
驚きの成果を出し続けるOB、OGたち、現役でさらなる高みへ駆け上る生徒たち、これからも多くの子どもたちが成長していく姿を見ていきたいと思います。

壱萬会セミナー感想文

  • 今回もスムーズに目標を達成することができた。クローンを組織したことによってメリットがたくさんあり、有効活用できたので、今回のこともしっかりと役立てたい。
    クローンを使うことに最近慣れてきて、日常生活でもよく使えるようになったと思う。地球のことを考えながら行動すれば自ずとクローンが動いてくれたので、意識して生活している。これからもしっかりとクローンを使って生活していきたい。
    (中3男子)

  • 僕はこれを機にまだまだ次元を上げていきたいと思っています。パワーアップしたりとても強いです。
    僕はこれからもっと勉強して、今のパワーを活かして勉強が進んでいって学校でも発言をしようと思っています。友達の悩みも聞いてあげて友達も増やしていきたいと思います。
    (小6男子)

  • クローンを日々の生活に取り入れ、勉強にも、スポーツにも、人との関係にも使っていきます。
    またクローンを使って自分の世界の知っている範囲を広げていきます。
    これからもクローンといろいろなアイテムをつかって応用していきます。
    (小6女子)

  • 今まで行ったことのない次元に行くことができた。そして、第三段階のクローンも作る事が出来た。
    いつもより自分が持っている道具をパワーアップさせることができ、自分がどこまでその道具を使うことができたのかも確認することができた。
    家でもしっかり自分の柱を立てて学力も伸ばしていきたいです。
    (中1女子)