2020年8月23日~24日:「第32回PAD潜在能力開発高速マスター講座記憶実践コース」を開催しました

2020年8月23日(日)~24日(月)にかけて、第32回PAD潜在能力開発高速学習マスター講座記憶実践コースが開催されました

今年はコロナウィルスの影響から学校が始まっているところも多く、2日目が学校というケースも多く見受けられましたが、小学2年生から上は中学2年生までの32名の参加でした。1日だけでも参加します」「午後からなら参加できるので行きます」と少しでも能力を伸ばそうという参加者が多くいました。

この講座はこれまでに鍛え上げてきた右脳を実際に目に見える勉強へと繋げていくためのものです。簡単に言うと右脳を使った学習方法を確立する講座です。そして何よりも、HEGLが提供する最高峰のイベントであるということです。

朝9時30分から夜6時30分までの講座です。その間、昼食を除き休憩時間は一切ありません。子どもたちは集中し、時間いっぱいを使って成果を上げていきます。まず、取り組みを始める前に一人ひとりが代表と面談をして目標設定をしていきます。どんなことを進めていき、どこまでやるかといったような具体的な内容です。

右脳を使ったレベルは個人個人で違いますが、今回はステージを上げた生徒が続出し、とても充実した2日間になりました。

感想文

  • 今までよりも、完全に自分の世界に入って集中できました。前回もこの講座を受講したけれど、その時よりも勉強のはかどり具合もグンと上がったし、集中もできました。
    (小5男子)

  • 本当にいつもよく進むので、いつも全部宿題を残しておいても終わるかも!と思っています。持ってきたもの全て終わったので本当に集中モードに入れたと思いました。この勉強をできるだけ家でもできるようにしたいです。
    (中2男子)

  • ベストを出せたとはまだ思えなかったけれど、前よりもこなせるようになってきたので、家でもできるようにするため時間をしっかり決めて、スムーズにできるようにしていきたい。
    苦手な自分を好きになるのはなかなか難しそうだと思ったけど、好きになって2本の柱を生活の中で意識しながら生活していきたい。
    もし、自分に才能があるのだったら、それを生かしたり、いろいろな面からみてもっと役立てるようにして、地球のみんなの役に立ちたいと思いました。
    (小6女子)