第15回 幼児期のイメージ教育がマルチ処理能力につながる

右脳的処理」は、時系列を超えた処理も得意です。

夢の中では、十年前に起こった出来事が、
今目の前で起こっているかのように
鮮明に思い描かれることがあります。

イメージの中では、「今」も「過去」も「未来」もないのです。
第15回素材1

 

さらに、地球の裏側で起こった出来事であっても、
優れた直感力のもとでは、いきなりその情報に
突き動かされるような気づきを与えられます。
すぐに連絡を取りたくなり、
適時にその情報をとることができます。

これからは、ますますグローバル化が進み、
地球規模での活動が盛んになります。
そんな時代に必要なのは、直列処理ではなく、
同時並行に処理していく“マルチ処理能力”なのです。

「なんでこんなに大量の仕事を短時間で処理できるの?」と
思ったことはありませんか。

このような人は、生まれつきの天才的な能力を持った人なのです。

この力をできるだけ後天的な能力として
多くの人が身につける手法として確立したのが、
ヘーグル教育です。

第15回素材2

 

このような能力は、左脳中心の人々にとっては
なかなか理解できないものです。

論理的に考えると、時系列を超えた考え方などありえません。
過去は過去、現在は現在、未来は未来です。

しかし、21世紀の最先端の科学では、
時空は、ひとつに折りたたまれていて、
過去、現在、未来が1点に集められていると言われています。

宇宙の成り立ちを説明するのには、
宇宙をそのように捉えることが必要です。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

●後天的な能力を引き出せるヘーグルの教育について
通室中の保護者の方の声を動画でご覧いただけます。

こちらよりどうぞ。⇒【 ★「記憶力の良さはすごい!」 】