第21回 幼児教室ヘーグルの右脳開発の真髄①

右脳開発」という言葉を、
どのくらいの人が正確に理解しているでしょうか。

日本全国から立川に来られる方々の話を聞いていると、
右脳開発の真髄を知らないがために、結果として、
ふつうの左脳教育に入ってしまうケースがとても多いのです。

第21回素材1

 

もう少しやり方が違っていれば、結果も違っていただろうと
思われるケースはたくさんあります。
現に立川と縁をして、急激に変わった例をたくさん見てきました。

最近、あまりにも安易に「右脳教育」だとか、
右脳開発」などの言葉が使われるようになって、
とても苦々しく思います。
右脳開発というのは、本当に奥が深く,難しいことなのです

立川には、右脳を開いた子はたくさんいますが、
その子たちが持っている力は、とてつもない力だということ、
そして、日々進化していることは、明らかです。
そういう子たちは、状況がよくわかり、ちゃんと
必要なときには、さりげなくイメージで助けてくれるのです。

先日も、このようなことがありました。

代表が、ある夜、帰宅するときに大荷物を抱えたまま
道で転倒してしまいました。
足に包帯を巻くほどの怪我だったのですが、
捻挫かと思い放っておきました。

しかし、いつまで経っても痛みがとれないばかりか、
さらに痛みが増してくるようだったので、
おかしいなと思い整形外科に行きました。

レントゲンをとった結果、右足の中指の甲の部分が
剥離骨折していました。
ふつうでは、ギブスものだと言われました。
医者の診断では、不思議なことに骨がまっすぐに
くっつき始めているということでした。

幼児教室ヘーグルの右脳開発の真髄

 

その間、PAD中級講座や、レギュラーの授業を休むことなく、
授業中も正座をしてやりました。

どちらかというと代表は、我慢強い方ですが、
子どもたちが、9月になるまでにずいぶんイメージをして
助けてくれました。