第36回 人間には性格の「型」がある

みなさんは、お子さんのことをよく理解できますか?

子どもが生まれ、子育てを始めるときに、多くの親は
「この子がもっている性格を伸ばしてやりたい」と思います。

3c07b46afca9c062501b1690d5d1130f_s

 

でも、実際に育てていく段階になると、
「この子はどのような性格なのかよくわからない」とか、
「この子には何に向いているのかわからない」といった
悩みにぶつかります。

お兄ちゃんも弟も同じように育てたのに、
同じことを言っても全然反応が違うとか、
弟の言うことは分かるけれども、お兄ちゃんは何を
考えているのかさっぱり分からないということもあります。

どうしてこのようなことが起こるのでしょうか?

それは、

① 親が子どもの性格をよくわかっていない

② 子どもが何に向くのかをわかっていない

③ 兄弟は、基本的に同じ親から生まれているので、
  何となく同じような性格ではないかと思ってしまう

というようなことに原因があります。

でも、親が子どものことを熟知しているケースは
ほとんどないと思います。

60490fd4a3ae114b77ff7f8ec54c14ac_s

 

もし、それが分かった上で子育てができるとしたら、
どんなに楽に子育てができるでしょう。

「個性学」によれば、人間には、大きく分けて3つのタイプが
あると言います。

①「人」志向……
 周囲の人と仲良くしていくことを大切にするタイプ。
 恥ずかしくない生き方を求め、信頼、やりがいを求めます。

②「城」志向……
 実際の物や報酬に価値を置くタイプ。
 人生は楽しむためにあると考え、お金が大事で、
 自分らしさを大切にします。

③「大物」志向…
 挑戦することに価値を置き、達成感や物事を広め、
 展開することを有意義に感じるタイプ。
 人からすごいと言われると無上の喜びを感じます。

それぞれのタイプは、生年月日で決まるとされ、
子どもの大体の志向をあらかじめつかんでおくと、
子育てに役立つことがあります。

239521

 

さらに、「九星気学」などの知識を組み合わせて、
子どもの本質がどこにあるのかを調べておくことも
大切です。

しかし、そのような知識にどっぷりはまってしまうと、
かえってその子に対する先入観を強く持ってしまい、
子どもの可能性を狭めてしまうことにもなりかねませんから、
あくまで参考にしていくという態度が望ましいと思います。

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

あなたのお子様はどのタイプだったでしょうか?

また、どんな「型」のお子様にも、もともとの「素地」の
部分を確実に伸ばしていける教育が、ヘーグルにはあります!

ご通室中の方々の生の声が届きました。
ぜひご覧ください!
【★100人の成果集・インタビュー】