第64回 ヘーグル教育を実践するメリットとは…

ヘーグル教育を実践するメリットとは

 

2016年5月現在、ヘーグルは世界10か国に展開しています。
教室オープンを希望する問い合わせも総計で200案件を超え、
教室展開が加速しています。

ヘーグルの目標は、たくさんの教室をつくることではありません。
質の高い、今までにない右脳教育法をこの地球上に残すことです。

私たちがこの教育を始めてから約30年が経ちました。
はじめの10年間は、左脳法によるふつうの学習塾でした。
私たちの下積みの10年間と言ってもよいかもしれません。

このころに指導した卒業生たちに会う機会が何回かありました。

通常の学習塾なので、通室期間も短いのですが、
それなりの結果というのが率直な感想です。

20年前から右脳法による現在につながる教育を始めたのですが、
卒業生の結果は、左脳法による学習塾の時代と比較して
比べものにならない大きな差があります。

たしかに個人差はあるのですが、
多くの子どもたちが一流大学に進学しているのを見ても
明らかです。

そして、ヘーグルの卒業生たちの多くに共通した点があります。

人の気持ちがよくわかり、友達が多く、
人間関係を築くのがとてもうまい

・「超集中力」を発揮することができるので、
短期間の勉強で大きな成果をあげることができる。
たとえ成績が悪くても、最終的に帳尻を合わせることができる。

などです。

先日、卒業生の親御様が報告に来てくれました。

幼い時からヘーグルに通い、MEPから中学受験をし、
今年慶應義塾大学SFCの環境情報学部に入学したのです。
慶應大学湘南藤沢キャンパス(SFC)は、
日本政府も注目している大学です。

彼は、英語が苦手で、高校時代あまり熱心に勉強しませんでした。
ですから、国立志望クラスどころか
早慶志望クラスにも入れず、一般クラスの在籍でした。

高校の先生方は非常に驚きました。

通常、慶應合格というのは国立、早慶クラスから
入るのも難しいとされているのです。
しかし、彼はヘーグルで培った「超集中力」を発揮し、
大量の英単語や英文を覚え、見事合格を勝ち取ったのです。

友達も多く、将来は起業を夢見て
これから本格的に勉強したいと言っています。

彼のお父様、お母様はヘーグルで熱心に勉強されました。
たとえ成績が悪い時でも、彼自身を責めることはなく、
あくまでよいところを褒めていらっしゃいました。
(彼は、テニスがうまいので、
テニスのことを褒めていたそうです。)

お母様いわく、
「超集中力がある子は、オフの時も“超リラックス”」
なのだそうです。

そのことは、普通の左脳人間にはなかなか理解しにくい
ところです。
でも、彼のやり方を認めてあげるところから始まるのです。

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜
今日のオススメ動画

■第3回父親セミナー
「“国際的に通用する人間”を育てるヘーグル教育」
リーダーシップを育てる教育の重要性を説くと共に、
ヘーグルがどのようにその教育を
お手伝いできるかについてのお話は必見です!!
◼︎動画はこちら
⇒【★第3回父親セミナー「“国際的に通用する人間”を育てるヘーグル教育」