第106回 よいコミュニケーションをとるコツ③

599005

人間は、「何が良いのか、悪いのか」、

“どちらの方がより良いか”ということを

「本能的にかぎ分ける力」を持っています。

その力は、年齢を問いません。

どんなに幼い子であっても、人間である以上、

もともと備わった能力です。

ですから、その力を信じて、

その力に対して語りかけようとするとうまくいきます。

「あなたは、いつも自分のことばかり考えて

もの言うんだから」と言われたら、

「そうかもしれないな。悪かった、ゴメンネ。

じゃあ、どう考えたら相手のことも考えに入れながら

提案できるかな?」と訊いてみるのです。

このとき、相手がどんなに語気が強かろうと、

相手の発言を否定しないで、相手の考えに付き添いながら、

話を進めていきます。

そうすると、相手も次第に冷静になり、本能的に

「どちらが理不尽なことを言っているのだろう?

もしくは、言い方自体が理不尽ではないか?」

と気づき始めます。

このとき、先ほど書いた「本能的にかぎ分ける力」が

発揮されてきます。

理不尽な内容のことを話したり、そのような言い方をする人は、

・ 人から説得されるのが大嫌い

・ 人から強制されるのが大嫌い

・ 人から指示されるのが大嫌い

な場合が多いのです。そして、おまけに

・プライドが高い

このようなタイプの人に、あなたは、

いつも説得しようとしてきました。

だから、反発を食らうのです。

説得するのではなく、プライドを傷つけないようにして、

相手の言っていることを肯定する反応をしてみましょう。

いかに理不尽と思える部分があっても、

「そうだな。君の言うとおりだ」と言ってみましょう。

すると、相手は拍子抜けして、

何か今日は変だな?と感じ始めます。

この、「感じるスイッチ」が入り始めたらしめたものです。

人間は、どうしても相手と張り合ってしまう習性があります。

この気持ちは、得てして物事を思わぬ方向に

向かわせてしまうエネルギーを持っています。

相手と口論をして、思わぬ方向に行ってしまうケースが

よくあるのは、そのためです。

相手は、同じ次元、土俵に相手を連れ込もうとしています。

だから、その愚かとも言える行為に、

早く気づいてもらうようにすればいいのです。

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜
今日のオススメ動画

■ 往復6時間の通室も苦になりません!
Tくん(男の子)のお母様

以前の配信で人気のあったこちらの動画は、
往復6時間!!かけて通室してくださっているT君の
お母様のお話です!

◼︎動画はこちら⇒【往復6時間の通室も苦になりません!Tくん(男の子)のお母様