第234回 幼児教育の基本は「言葉の豊かな環境」づくり

1849509
「ことば(言葉)=ことだま(言霊)」
と言われます。

つまり、言葉には魂が宿っている
という意味です。

「バカ」と言われて喜ぶ人はいません。

でも、
「ありがとう」「愛してるよ」と言われると、
人は素直に喜びます。

つまり、言葉自体に「魂」があるからです。

そう考えると、
「家庭の中にはどんな言葉が
あふれているのか?」をよく考えてみると、
その家庭にある波動レベルがわかってきます。

プラスの言葉であふれているのか、
マイナスの言葉であふれているのか、
よく考えてみてください。

「類は友を呼ぶ」=家庭であふれている言葉が、
様々な事象を引き寄せてくるのです。

そうであれば、
なるべくプラスの言葉を使うようにすると、
様々なことが好転していきます。

人間(生命体)にとって
一番大事なものは何でしょう?

日本語で、
「ひ・ふ・み」=「一・二・三」と言いますが、
これは、「光・風(空気)・水」を
指しています。

これらが、人間(生命体)にとって
一番重要なものなのです。

一つ欠けても
人間は一日も生きていくことができません。

毎日、朝になると
お日様が上がってきて
小鳥たちが啼き始めるというのは、
当たり前と思いますが、
実は「有り難い」ことなのです。

私たちの「体」にとって
「光・風(空気)・水」は
必要不可欠なものですが、
「心」にとって一番大切なものとは
何でしょう?

それは、「心に光を与える言葉」なのです。

つまり、「愛ある言葉」です。

テレビのCMで「そこに愛はあるんか?」
というのがありますが、まさに真理です。

単にプラスの言葉とか
マイナスの言葉とかいうのではなく、
「愛の込められた言葉」が必要なのです。

時には、厳しい叱責の言葉を
発することもあるでしょう。

しかし、そこに
「相手に対する強い思い=愛情」があれば、
それは伝わります。

いくらプラスの言葉で固めても、
そこに愛がなければ
単なる「おべっか」になってしまいます。

お母さんが赤ちゃんに
言葉の働きかけをするのは
とても重要なことです。

「マザリーズ」というのがあります。

生まれたばかりの子どもに話す母親の言葉は、
赤ちゃんにとって一番の心の栄養です。

・普通より少し高い調子の声で話す

・抑揚を大きくする

・ゆっくり、繰り返し言う

・おだやかに、できれば、
 微笑みを浮かべて話す

こうして、
お母さんから語りかけられた言葉が、
子どもの言葉の核を作ります。

やがて、その子の「絶対語感」が
作られていくのです。

この「絶対語感」は、
母親から学んだ言葉が基本となって
形成されていくのです。

まずは、ご家庭の中で
「豊かな言葉の環境」を作っていきましょう。

難しいと思われるかもしれませんが、
「親と子の共育大学」に参加していただければ、
そのコツをたくさん伝授します。