子育ての知恵ぶろぐ 第274回 ヘーグル教育が目指しているものとは? PART4

進級式
先日、小学6年生が
小学校を卒業する時に行われる
「進級飛躍式」が開催されました。

昨年までは「進級式」でしたが、
今年から「進級飛躍式」となりました。

なぜ、名称を変更したのでしょうか。

それは、中学生になっても
ヘーグルに通ってくる生徒が
少なくないという状況は
今まで通りですが、
小学生高学年や中学生以上の
「壱萬会生」の成果が
さらに充実してきて、
昨年よりさらにステージアップする
生徒が続出するように
なってきたからです。

つまり、小学生でも
右脳的な成果は出ますが、
中学生以降ではその成果が
さらに磨きがかかる例が
多くなってきたのです。

今年もたくさんの生徒や御父母様が
出席しましたが、その感想文を読むと、
子どもたちが人間として
さらに大きく育っていることが
わかります。

そこに書かれたメッセージを
いくつかご紹介します。

これらのお父様・お母様の
メッセージを読まれると、
ヘーグル教育で得られるものが
感じられると思います。

■柔道の先生や父親に
大変厳しく叱りつけられることが、
今までに何度かありました。

そばで見ていても
「これは委縮してしまうだろう」
と思うのですが、30分ほど経つと
本人はケロリと元気になっていました。

そういう心の強さは、
ヘーグルでのお話や、
授業や経験を通して身についたと
思います。

また、自分の好きなことに関しては、
ひらめきや集中力が発揮できる
能力
だと思います。

例えば、図工やお絵かき教室では
一通りの説明の後、
あっという間に
作品を完成させていることです。

大変な状況に遭遇した時に、
それを最善の方法で
対処していける判断力、
そして危機的状況に遭遇した時の
冷静で正しい対応にすごさを
感じます。

本人は何も言わないけれど、
心の軸になっているのが
ヘーグルでの教育と心の話で
あることは分かっている
ので、
代表先生、理事長先生、他先生方へ
心から感謝しています。

特に、右脳の能力は
いまだに伸びていると感じる
ので、
これからも続けていきます。

今日は、本当は
主人が参加したがっていましたが、
仕事で忙しく来られませんでした。

我が家は、私よりも主人の方が
「ヘーグルは絶対!」
「ヘーグルは間違いない!」
と言って熱いです。

なので、今日は私より主人に
参加させてあげたかったです。

これからもお世話になります。

学校で友達とうまくいかず
悩んでいる友人から
相談された子どもが、
その子に送っていた言葉を聞いて、
心の成長を感じとてもうれしかった。

具体的には、
どうしても友達に嫌な言葉態度をして
距離を置かれてしまう子で、
本人もどうしたらよいのか
わからずで……。

その悩む子に
「お前は変わりたいんだよな。
なら、その思いだけでオレは十分だと
思う。
でも、人はすぐには変われない。
オレもそう。
だけど変わりたいと思うことを
諦めたら、そこで終わり。
でも、お前は変わりたいと
思っている。
だから、
それだけですごいことだよ。
お前ならできる!」
と彼を勇気づけたことを聞いて
感動しました。
成長を垣間見た時でした。

また、超集中モードになった時は、
周りの雰囲気をも
変えてしまえるようなオーラを
身にまとえます。

イメージ力が高く、
勉強時間が短くても
良い成績がとれます。

自分の意見をしっかりと言える
心の強さも持っています。

■幼稚園に通っていた時から、
友達に人気があり、
よく声をかけられたり、
応援されたり、
周りに人が集まってくる
というような子でした。

友達を大事にし、とても優しく、
人の悪いことは言わず、
良いところをほめるようなところが
あります。

子どもの友達のお母さんから、
「うちの子を助けてもらったり、
優しくしてもらってありがとう」
と感謝されることが何度もあり、
ヘーグルで人間力も
育ててもらえたお蔭だなと
実感しております。

私たち未熟な親だけの子育てでは、
絶対にこのような子に
育っていなかったな
と思います。

何よりも大切な人間性を
教えてくれるへーグルに通えて、
本当に良かったなと実感しています。

■ヘーグルには0歳の頃から
お世話になりました。

私が子どもに対する心配事を
子どもに声掛けをしようとしたら、
子どもはすべて
私が心配していることを
わかっていて、
「こういうことでしょ……」
「こんなことを
言いたいんでしょう……」
と言い当ててしまいます。

私が思っている以上に
子どもの心は成長しています。

昔のように、
ガミガミ言わなくても、
ちゃんと自分で考えていると
思います。

これはヘーグルのおかげです。

本当にありがとうございました。