胎教・幼児教育なら幼児教室ヘーグル
右脳開発でお子様の才能を開花
幼児教室ヘーグル 無料ヘーグル教育説明会 お問い合わせ・資料請求

胎教・幼児教育なら幼児教室ヘーグル

①幼児期からの右脳開発・右脳教育

子育ての知恵ぶろぐ 第321回 脳科学でわかってきた「遺伝」と「環境」の関係

脳科学でわかってきた「遺伝」と「環境」の関係「人生の教科書」第一巻・第17話では、
子どもにとって
遺伝と環境が与える影響については、
環境の方が大きいと書きました。

最近の脳科学では、
遺伝と環境が与える影響についての詳細が
わかってきました。

結論から言うと、
遺伝と環境が子どもに与える影響は
大まかにいえば半々だということです。

慶應義塾大学教授、安東寿康氏の
「行動遺伝学」では、
双生児法という研究法によって
調査が行われます。

一つの受精卵で遺伝学的に同じ個体で
同じ環境で育った「一卵性双生児」
と別の受精卵で生まれて
同じ環境で育った「二卵性双生児」を
比べることで遺伝と環境の影響の度合いが
わかります。

この影響度は、分野によって異なります。

まず、一番影響が大きいのが身長で
80%
と言われています。

ちなみに肥満は70%です。

次に高いのが運動能力で66%
その次に高いのが
学力や知能に関することで60%です。

知能に関してもう少し詳しく見てみると、
子どもの年齢が低いほど
環境の影響が大きく、
年齢が高くなるにつれて遺伝の影響が
大きくなる傾向があります。

0歳から6歳ころまでは
遺伝の影響はあまり見られず、
家庭環境の影響が大きい
と言います。

ですから、早期教育の効果は
年齢が高い子どもよりも大きい

ということになります。

音楽の分野では、
リズム感や絶対音感などは50%程度の
影響があるとされています。

芸術的なセンスなどの芸術の分野での
科学的測定は難しく、
エビデンスも乏しいため、
はっきりとしたことは言えません。

性格については、
「協調性」や「外向性」「開放性」
「神経質」「誠実性」などの要素の遺伝は
30~40%
ですので、
環境が与える影響の方が
60~70%
と大きくなっています。

つまり、人格形成には
的確な環境を設定する必要が
ありそうです。

また、読み聞かせを多くされた子は
問題解決能力が高くなり、
自由を比較的に多く与えた子の方が
知的能力が高くなる傾向も見られます。

マウスの実験によれば、
「母親の経験」は子どもに遺伝するが、
「父親の経験」は遺伝しない、とか、
父親からは「情動」の部分が
遺伝
するという結果も出ているそうです。

まずは、子どもがのびのび育っていける
環境を整えてあげることにより、
この子の個性が活かされながら
成長することを見守ってあげることが
賢明でしょう。

関連記事

幼児教育の豆知識 よくある質問

コース案内

2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最近の記事

  1. 2022年9月17日-19日:『PAD潜在能力開発初級講座アドバンスコース』のご案内

  2. 2022年9月4日:『第91回壱萬会セミナー』のご案内

  3. 子育ての知恵ぶろぐ 第321回 脳科学でわかってきた「遺伝」と「環境」の関係