胎教・幼児教育なら幼児教室ヘーグル
右脳開発でお子様の才能を開花
幼児教室ヘーグル 無料ヘーグル教育説明会 お問い合わせ・資料請求

右脳開発で”天才”を引き出す

HEGL通信

知識が増えたことが大きな自信に。 自分の意見を言える子に変わった

お母様インタビュー

ヘーグル生のご家族にインタビューをするコーナーです。日々の勉強のコツやちょっとした疑問や悩みなど、経験者であるお母様にお伺いしてみます。 今回は1年7ヶ月前からヘーグルに通う、4歳と6歳のご姉妹のお母様にお話しを聞きました。

 

体験授業をきっかけに別の幼児教室からヘーグルへ

ヘーグルに通い始めたきっかけを教えてください。

お母様:「お友だちに誘われて自宅近くの幼児教室に3歳から1年ほど行っていたのですが、子どもが注目していないのに授業がどんどん進んでしまって、置いていかれている感じがしたことにずっと違和感がありました。ぐずっているうちに授業が終わってしまったということが何度もあって微妙だなと思いました。 そんなときにテレビ番組で、ヘーグルの生徒たちが高次元読み(波動読み)をしているのを見てとても驚きました。すぐに資料請求をして同封されているDVDを見たのですが、子どもたちが楽しそうにどんどん発言している姿がとても印象に残りました。上の子がとても引っ込み思案な性格で、人前だともじもじとして話せないタイプの子だったので、伸び伸びと育ってくれたらいいなという思いがあって、ヘーグルに興味をもったんです」。

 

ご自宅から立川まで通うのに、どれくらいお時間かかりますか?旦那様もヘーグルに通うことに対しては協力的なのでしょうか?

お母様:「家から1時間ちょっとかかるので、子ども2人を連れて毎週通うのは少し大変です。小学生の頃から塾に通ったという主人は、そんなに早い時期から通う必要はないという考えなので、体験授業の申し込みも主人には内緒でしました」。

 

ご主人様には内緒で申し込みされたんですね。今は賛成してくれていますか?

お母様:「主人が帰ってきたときにヘーグルのDVDをつけてさりげなく見せて、ヘーグルに通うことにしたからと事後報告で伝えました。次女も同じタイミングで通い始めて二人とも楽しそうに通っているのをみているので、特に反対はしていませんが、授業についてきてくれたり、宿題などを見てくれたりするような協力体制は得られていません。ヘーグルに通う方はお父様も勉強熱心な方が多いので、もっと協力してくれたらいいのになとは思います」。

 

体験授業を受けてみていかがでしたか?

お母様:「体験授業には長野から遊びに来ていた祖母と一緒に参加しました。長女はプレ年中クラスへの入会だったので母子分離になるのですが、初回の授業だけは私も一緒に参加させてもらいました。他の幼児教室に通っていたこともあって、イメージしていたのとはまったく異なる独創性の高い授業を行っていたことがいいと思ったのと、何より子どもがすごく面白かったと楽しそうにしていたので、入会することに決めました」。

 

家の中でCDをかけっ放しにしているだけですぐに覚えてしまう

ヘーグルの発表会ではどんなことをされたのでしょう?

お母様:「上の子も下の子も、MEPソングを発表しました。CDは家の中で常にかけ流しているのと、歌詞を拡大して壁に貼っているんですけど、想像する以上にすぐに覚えてしまって、よく口ずさんでいます。授業の中では先生が振り付け付きで教えてくれるので、こうやってやるんだよと踊りながら歌ってくれますね」。

 

耳からの情報ピックアップが速いんですね。お二人同時に勉強させるのはとても大変だと思うのですが、いつもどうやって勉強をさせていますか?

お母様:「最近はお姉ちゃんは自分でやれるようになって、私がご飯を作っている間に机に置いてあるテキストを開いて1日1枚ずつやっています。下の子は飽きっぽいので、やる気があるときに一気にやる感じですね。勉強時間は1日30分ぐらいです。普段は仕事をしていて、7時半に保育園お迎えに行って20時ぐらいに帰宅します。テキストをやらせ始めて気分が乗ってくるとどんどんやりたがるので、睡眠時間を削らないように気をつけています」。

 

楽しく勉強させるのがとてもお上手なのですね。子どもたちに楽しく課題をやらせるコツなどはあるのでしょうか?

お母様:「長所進展法ですね。できたね!ととにかく褒めてあげるようにしています。あとは、できた問題に対してどうやってやったの?と聞いてみるようにしていますね。あとは、子どもがやっていることを私も一緒になってやると効果があります。例えば、私の分もコピーをとって競争しながらやるようにすると、長女は楽しそうにやってくれます」。

 

引っ込み思案だった長女が自分の意見をきちんと言えるようになった

ヘーグルに通ってよかったことはありますか?

お母様:「上の子が明るく社交的になったことがよかったと思うことです。昔は遠くで指をかじってみているような引っ込み思案なタイプの子だったのですが、今は誰かのやっていることを見て、それはいけないよ、とか、こうしようよ、と自分の意見が言えるようになりました。ヘーグルの授業での発言や、皆の前で覚えたことを発表する機会をいただいて、自信がついたのだと思います」。

 

特にお子さんの自信につながったと思う出来事はありますか?

お母様:「木曜特講に通い始めて変わりました。色々な課題や取り組みをやって、知っている情報が増えたことが自信に繋がったのだと思います。特に小学校受験は考えていないのですが、通わせていました。授業中にやったプリント問題や工作などが宿題として出るのですが、平日はやっている時間がとれないので、日曜日に今日は絵を描く日、今日はプリント問題をやる日、と何日かに分けて取り組んでいます」。

 

木曜特講を受けてから、長女が自立して行動できるようになった

木曜特講にも通いつつ、通常授業の宿題もやるとなると、なかなか大変ですよね。それをお仕事をしながらもこなされているというのがすごいなと思います。

お母様:「実際は長女につきっきりになって、下の子の勉強をみている時間がなかなかとれないのが悩みです。ただ、木曜特講などを通して長女が自立したと思います。以前はだらだらと夜遅くまで起きていることが多かったのですが、今は自分で身の回りのことをやって、眠くなったら一人で寝るようになりました」。

 

他に学力的なところで伸びたなと思うことはありますか?

お母様:「長女はひらがなやカタカナを4歳の始め頃には読み書きができるようになっていたので、保育園では一番早かったです。家では壁に五十音表を貼っていたぐらいで、特に何かを教えたわけではないので、ヘーグルの授業で覚えたんだと思います」。

 

下のお子さんはお勉強の成果はどうですか?

お母様:「ヘーグルの先生に、耳からの記憶がいいのでテキストをやらせるよりはCDをたくさん聞かせて、耳から記憶させるのがいいと言われました。得意なところから伸ばしてあげたいと思ったので、歌だけは覚えさせようとCDを掛け流すのを毎日欠かさずやるようにしています」。

 

まとめ

終始柔らかい物腰で、お話しをしてくださったJちゃんのお母様。ご姉妹二人とも習い事はヘーグルのみで頑張っているといいます。周囲からは教育熱心な人だと思われているそうですが、お母様自身は優しい子に育ってほしいというのが一番の願い。将来は自分のやりたいことを見つけて育ってほしいとおっしゃっていました。お仕事が忙しい中でも、毎日欠かさず学習時間を捻出して、コツコツと地道な努力を続けるお母様とお子様たちのお話を聞いて、身の引き締まる思いでした。 耳からの情報キャッチアップがとても速いというご姉妹が、今後どんなことに興味をもって能力を開花させていくのか、またお話しをお伺いできたらいいなと思いました。

関連記事

カテゴリー

幼児教育の豆知識 よくある質問

コース案内

2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近の記事

  1. 子育ての知恵ぶろぐ 第301回 小学1・2年生を最大限に伸ばす Pre-MEP

  2. 3歳の記憶力はどのくらい?記憶力を各段に向上させるコツとは?

  3. 2021年12月26日-29日:『第73回PAD潜在能力開発初級講座ベーシックコース』のご案内