2021年1月14日:「小学校受験集中特訓講座オリエンテーション」を開催しました

2021年1月14日(木)に小学校受験集中特訓講座(通称:木曜特講)のオリエンテーションが開催されました

通常の授業は保護者と別室で行いますが、オリエンテーションは保護者様も同室で子どもたちの様子をご覧いただいています。今年は昨今の情勢に伴い、生徒一人につき保護者様は1名までと限定させていただき行いました。

木曜特講は「幼児のPADと呼ばれています。プレ小学部の生徒が代表から直接指導を受けられる唯一の講座です。幼児部、プレ中・長で右脳、左脳を鍛えてきた子どもたちがさらに能力を伸ばす場となっています。

通常の授業では、プリント問題や工作、巧緻性、運動、集団行動など、受験に対応できるよう様々なプログラムを行いますが、今回のオリエンテーションでは基本となる動作の練習を行いました。

まず、子どもたちは大きな声であいさつして入室し、代表から一人ずつ名前を呼ばれ、出席を行いました。その後は、正しい立ち方、座り方の練習や物の出し入れの仕方を教わりました。沢山の講師と保護者に囲まれ、緊張感溢れる空間でしたが、どの生徒も指示を聞き逃さないよう集中していました。行動もとても速く、初回とは思えないほどでした。

2時間の授業を終えた後は、少し緊張の解けた様子で、「楽しかった!」と言っていた子どもたち。そのたくましい姿に保護者の皆様も少しほっとしたようでした。

来月からいよいよ本格的にスタートする木曜特講ですが、全10回を終えた後、子どもたちがどれほど成長しているか、今からとても楽しみです!!