2021年5月16日:「第4回マンスリーMEP」を開催しました

2021年5月16日(日)に今年度4回目のマンスリーMEPが開催されました

前回から新学年になり、生徒たちも気分を一新して取り組めていました。MiniPADでもすごい集中力で学習することが出来ており、一段と進化した姿を見ることが出来ました。

授業科目:算数

分数について学習しました。
割り切れない割り算は無いと、担当講師から伝えられた時に、子どもたちは大変驚いており、算数に強い興味を持っていることが感じ取れました。
問題が出されたときに、勢い良く発言している子どもたちの姿も印象的でした。分からない問題は、1つずつチェックしていくという、ひたむきな生徒もいました。問題を解き、不正解の時には悔しがり、もう一度解きなおす生徒もおり、内面の強さの成長をも垣間見ました。

授業科目:理科

春夏秋冬のうたを皆で確認し、その後実際のカンパニュラ・ユリ・カサブランカの花をスケッチしました。一つ一つを細かく見ることで花びらの中には何があるのか、おしべは何本あるかなど観察できました。
また用紙に花びら・葉など分けて貼り、綺麗な作品に仕上げました。たくさんの生徒が一つの花は多くの部分で出来上がっていることに驚いている様子で、作品が出来上がると嬉しそうにお互いのを見せ合い、皆で学びを深めていました。
最後にはろうそくに火を点け、炎の外炎内炎を学びました。

授業科目:国語

毎回の授業冒頭で行われる漢字テストを一生懸命に解いていました。たくさんかける子、精一杯に考えて答えを導こうとする子、それぞれが頑張っていました。
今回のテーマでは、「自分らしさ」というものについて考えました。そのためには自分には価値がある、ということをまずは理解すること。そして、他人の価値も分かる、ということについて理解すること。とても重厚な内容でしたが、時折頷きながら子どもたちはずっと集中して耳を傾け、答えを思考していました。今回の授業で学んだ種は、しっかりと子どもたちの中に入っているようでした。

授業科目:人間学、社会

人間学では第28話「五濁煩悩」を取り扱いました。そして、皆で音読を行いました。
学んだことを日常でも思い出し、実践していきましょう。
社会でははじめに「日本の気候」の歌を皆で歌いました。以前の復習という事もあり、多くの生徒が元気よく歌っていました。
その後、歌の内容に関するプリント問題を皆で解きました。満点を取った生徒が多数おり、歌を通して、多くの知識が入っていると感じます。
先生の質問に対し、多くの生徒が積極的に挙手し、自身の考えを述べていました。
現在は難しいですが、今後様々なところに足を運び、私たちが住んでいる日本がどういう所なのかを肌で感じて欲しいものです。