第90回 子どもが「嘘」をついたら ③

305473 [更新済み]

「お母さんだって嘘をつくでしょ。

夜にお菓子を食べちゃいけないって言うくせに、

自分は食べてるじゃない。」なんて子どもに言われて、

ドキッとすることがないですか?

子どもは、大人の言動や行動を見ていないようで、

結構よく見ています。

親は、子どもに嘘をつかないのが第一ですが、

子どもに嘘を指摘された後にとる態度の方がより重要です。

もし、子どもに嘘を見抜かれたら、

親としてどんな態度をとるべきでしょう。

  • 言い訳がましいことを言わない。
  • 素直に謝る。

特に、この②が大切で、

言っていることとやっていることが食い違っていたら、

相手がいくら子どもであっても、謝らなくてはいけません。

子どもが素直な子に育つか、そうでないかの分かれ目になる、

くらい大切なことだと考えた方がよいと思います。

人間の基本的人生態度は、言われて学ぶのではなく、

人のやっている後ろ姿を見て学ぶものだからです。

例えば、「お父さんは大人だからいいの」とか、

「お母さんは忙しいんだからしょうがないでしょ」

という言い訳は最低です。

子どもは結構、論理的に考えていますから、

「じゃあ、大人になれば嘘をついてもいいんだ」とか、

「忙しければ、約束を破ってもいいんだ」

などと解釈しかねません。

それが何度も繰り返されれば、曲がった考えを持つようになり、

やがては人の言うことを聞かない、

もしくは曲解する人間になってしまいます。

「この子は、素直じゃないなあ」と思ったら、

まずは親としての自分の言動を

もう一度冷静に考えてみてください。

子どもは、親の行動や言動の過誤については、

かなり厳しく感情をともなって指摘します。

そんなとき、親もどうしても感情的になってしまいがちです。

「ここで下手に出てしまうと、

あとで取り返しがつかなくなる」とか、

「ここで一本取られると後がやりにくくなる」などと、

親の面子を優先させて考えてしまうからです。

そのような考え方は、

「取り引き、駆け引き、勝ち負け」の思考法です。

これでは、「愛」に基づいた人間関係は構築できません。

家庭そして子育ての基本は、「愛」で成り立っています。

ですから、このような思考法を用いてしまうと、

お互いが「愛」の上には立てなくなってしまいます。

「愛」の原点は、あるがままに受け入れ、

報いを求めない献身的な行動です。

ですから、「謝るときには、

相手が誰であろうと素直に謝る」というのが、

愛のある潔い人間のとる行動です。

きっぱりと子どもに謝れる親に育てられた子どもが、

悪い子になってしまうというのをあなたは想像できますか?

逆に、子どもに素直に謝れない親に育てられた子どもは、

将来どのような人間に育っていくと思いますか?

これが答えです。

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜
今日のオススメ動画

■冬期体験レッスンのご案内動画
代表の授業の様子も垣間見れてしまう、
ヘーグルの冬期体験レッスンの
ご案内動画です!
◼︎動画はこちら⇒【★冬期体験レッスンのご案内動画