IQとEQを最大限に伸ばす真の能力開発

胎教・0歳児から小・中・高・大学生・大人までを対象に開く、

ヘーグルの能力開発講座には、

全国から通ってくる生徒さんが集まります。

これまで、英才教育塾のように

数字を追求することはしていませんでしたが、

ある時、生徒たちのIQ測定を試みました。

IQの平均は100です。

IQ120以上の出現率は、通常8%といわれ、

IQ140以上となると1%しかありません。

100人に1人の割合です。

ところがヘーグルの生徒たちは、IQ120以上が73.6%、

IQ140以上が37.4%という結果が出ました。

140以上の出現率は通常の37倍となっています。

なんと、160以上や200以上の子も続出しているのです。

これは驚くべき結果ですが、入会試験などは行っていないので、

もともと優秀な子ばかりが集まっているというわけではなく、

3~4年(平均通室年数)のトレーニングの成果が

表れているのだと考えられます。

しかし私たちは、数値にこだわるのではく、

子どもたちの「基礎となる素地の能力」を

アップさせることに力を入れています。

ヘーグルが最も大切にしているのは、「心の教育」です。

幼少期、小学生期は、人間としての基礎をつくる重要な時期です。

ただ単にIQが伸びるだけでは不十分なのです。

不十分どころか、人間としての基礎をつくらず、

能力だけを磨くというのは、危険きわまりない行為です。

いちばん大切なことは

生きていくための「土台となる力」を育てることです。

ヘーグルでは、年少の12月から開講される

プレ小学部から小学部の授業で

心を成長させるプログラムが取り入れられています。

さらに、小1から年に数回、人間学の講座を行っています。

身近に起こっている問題や、心理学、成功哲学などをテーマに、

いろいろな知識を様々な角度から捉えることで、

物事を立体的に見る目を養います。

短期集中講座のPADプログラムの中でも、

本格的な人間学を学びます。

「EQ」という言葉をご存知でしょうか?

EQとは「エモーショナル・クオシェント」のことで、

直訳すれば「情動指数」というところでしょう。

IQとはまったく違うもので、自分の本当の気持ちを自覚、尊重し、

衝動的な言動を自制し、他人の気持ちを感じ取ることができ、

集団の中で協力し合える、といった能力を示すものです。

ヘーグルでは、「潜在能力」とは

「IQ=記憶力、計算力、理解力、イメージ力」プラス

「EQ=感情の豊かさ」である、と位置づけています。

『天才』とは、文字通り『天から与えられた才』です。

つまり、自分が欲しくて自ら作り出した才能ではなく、

天から与えられた才能であるという自覚と感謝の意をもち、

『なぜ自分にその才が与えられたのか?』を

考えなくてはならないのです。

その才を天から与えられたことに

感謝することからすべては始まります。

豊かな心に満ちた環境こそが、真の天才を育むのです。

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜
今日のオススメ動画

■記憶スピードは大人顔負けに?!
杉並区より通室、Sちゃん(4歳)のお母さま

「大人が覚えられないようなスピードで
覚えてしまう」というお子さまのお話を
実感をこめてお話しくださいました!!

◼︎動画はこちら⇒【★記憶スピードは大人顔負けに?!