子育ての知恵ぶろぐ

〜ヘーグル公式ブログ〜

第32回 胎教の重要性1 

胎教」とは、胎児教育のことです。

最近では、頻繁に使われるようになり、
日常使う言葉として定着してきた感があります。

スタンフォード大学の研究で、子どもが
胎内にいる時から、母親が胎児に夢を語った場合、
そうでない子どもと比べて生後1ヶ月の時点で
大きな差があることがわかりました。

胎内にいる子どもは、
テレパシーで外界と交信しているのです。
特に、お母さんの言葉を胎児はよく聞きます。

通常の音として伝わってくるのと、お母さん自身の
体内の振動として伝わってくる二つの点経つ
経路をもっているからです。

おしごと

 

そのお母さんが、お腹の赤ちゃんに語りかける言葉は、
赤ちゃんにとって絶大な影響を及ぼします。

よくも悪くも、影響力は絶大です。

例えば、逆子のとき、お母さんが
「あなたが逆さまでお腹にいると、生まれるときに
お母さんのお腹を切って
生まれてこなければならないわよ。
そうすると、お母さんもお腹が痛いし、あなたも大変よ。
だから、お腹の中でクルッと回ってね」
と語りかけると、ほとんどの子がクルッと回って
逆子の状態を自分で治すといいます。

また、お母さんが、お腹にいる赤ちゃんに
生まれてくる日を指定することもできます。

「○○月△△日は、お父さんもお休みの日だから、
その日に生まれてきてね。
その時、○○kgで生まれてきてね」
と伝えると、その日に、ほぼ指定した体重で
生まれてくるといいます。

こんな話を聞くと、「本当?」って思いますよね。
信じられない、と思うのが普通です。

でも、事実そうなった、という話を私たちはたくさん聞きます。

第32回素材2

 

ヘーグルでは、胎教コースを設置していますが、
その授業を受けたお母様方から、
たくさんの成功事例が上がっています。

親子関係の基盤は、胎教期に作られます。

お子さんの問題行動があったとしたら、その大元は
胎教期にあったのかな?、なんてことを
考えてみてもいいかもしれません。

お母さんが、とても辛い思いをしていた時期が、
胎教期に重なっていたなんてこともあるかもしれませんから。

子育ては、ずっとつながっています。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

●ヘーグルでは、胎教コースも開催しています。
ご興味のある方は こちらをご覧ください。
⇒【 ★胎教期のコースご案内 】

●次回の胎教コース日程はこちらよりご覧ください。
⇒【 ★日程のご案内 】