幼児期

ヘーグル教育が目指しているものとは? Part2

第237回 ヘーグル教育が目指しているものとは? Part2

先日、小学6年生が 小学校を卒業する時に行われる 「進級式」が開催されました。 ヘーグルでは、 なぜ「卒業式」とは言わず 「進級式」なのでしょうか。 それは、中学生になっても ヘーグルに通ってくる生徒が 少なくないからで…

ヘーグル教育が目指しているものとは?

第235回 ヘーグル教育が目指しているものとは?

ヘーグル教育の大目標とは、 一体何でしょう? 一言でいえば、 胎児、幼児、小学生の時代を 理想的に過ごすことのできる 環境を作ることと、 子どもがやりたいことを見つけた時、 自分の力を最大限に 発揮できるようにする力=『…

親と子の共育大学で子育てのコツを学ぶ

第233回 子どもの「読解力」を伸ばすために幼児期に何をすべきか?③

幼児期からの読解力をつけるには、 前回迄に書いた通り、 音から入る=読み聞かせがとても大切です。 年齢が少し上がってくると、 自分で読める本も増えてきます。 そのような時には、自分で読むには、 まだ難しいレベルの本も読ん…

幼児期から身につけなければならない「絶対語感」

第223回 幼児期から身につけなければならない「絶対語感」

幼児期から 身につけなければならない能力の一つに、 「絶対語感」があります。 「絶対語感」を養うには、 幼少期の親からの本の読み聞かせや音読が 大切です。 言語というのは、 「音から入る」というのが基本です。 赤ちゃんが…

「天才を育てる」というのはどういうことか

第216回 「天才を育てる」というのはどういうことか

  幼児教育の世界でよく聞かれるのは、 「天才」という言葉です。 「赤ちゃんは天才」 「幼児期から教育をすれば、誰もが天才になる」 などの言葉が横行しています。 赤ちゃんから幼児教育を始めれば、 トップクラスの…

2019年7月18日:「第6回小学校受験集中特訓講座」を開催しました

2019年7月18日(木)、第6回目となる小学校受験集中特訓講座を開催いたしました。 いつものように出席を取り、プリント問題に取り組みました。 誰も一度も問題から目を離す事無く取り組んでいる姿勢に成長を感じました。 受験…

子どもに「読解力」をつけるには、幼児期に何をすべきか?

第192回 子どもに「読解力」をつけるには、幼児期に何をすべきか?

偉人に共通していることは、2つあると言います。 ①周りの人たちからプラスの暗示を与えられていた。 ②読書家である。 ③天井が高い。自然の中で十分遊んでいる。 これは、多くの偉人を調べた結果出てきた事実です。 ですから、幼…

「悪質ないたずらをする子ども」vs「甘やかされて育てられた親」の戦いが始まった

第186回 「悪質ないたずらをする子ども」vs「甘やかされて育てられた親」の戦いが始まった

中国で悪質ないたずらをする子どもが 社会問題になっています。 彼らは「暴れ小熊(熊孩子)」と 呼ばれています。 33階建てのマンション屋上から コンクリートブロックを投げ落として バイクを破壊したり、 川を眺めている人を…

第178回 「器の大きな子」に育てるには?

現代の子どもたちは 「思いやり」に欠けると よく言われます。 また、他人の気持ちがわからない、 コミュニケーション能力が うまく育っていないといったことが 起こっています。 この「思いやり」は、 幼少期に親がどんな価値観…