【幼児教育の豆知識】2歳児の育て方で発達が変わる?イヤイヤ期の接し方とトレーニング方法について解説!

2歳児の育て方で発達が変わる? イヤイヤ気の接し方とトレーニング方法について解説!
2歳児はイヤイヤ期とも呼ばれ、親の言うことを聞かない場面が増えてきます。しかし、ここで甘やかしすぎたり頭ごなしに怒ったりすると、よくない影響を与えます。
褒めるべきときには褒め、叱る時はきちんと理由を説明しましょう。ここでは、2歳児の育て方やトイレトレーニングの方法について解説します。
 

2歳児の育て方はその子の人生を大きく変える

2歳児になると少しずつ自己主張を覚え出し、親の言うことを聞きにくくなります。
イヤイヤ期とも呼ばれるこの時期は、物事の感じ方の基礎や人とのコミュニケーションの取り方の土台など、その子の人生にとって大きな部分が決まる時期です。親としては、2歳児の育て方がその子の人生を大きく変える、と自覚しておいたほうがよいでしょう。
逆に言うと、この時期に甘やかしすぎず、しかし愛情をたっぷりかけてしっかりと育てると、よい子に育つ可能性が大きく高まります。傲慢になったりせず、自分に対するよい意味での自信をしっかりと持った人に育てるためにも、自我が芽生え出すこの時期は大きなチャンスでもあります。
2歳児が何かにチャレンジしてすぐ諦めそうになるときは、励ましたりして声をかけてあげましょう。親がマメに声をかけ、安心した気持ちでさまざまなことにチャレンジすることが今後のプラスに繋がっていきます。
 

2歳児がイヤイヤ期と呼ばれるのは自己主張を覚えるから

それまで何でも親の言うことを聞いてきた子でも、2歳児になると自己主張を覚え、何でも自分でやりたがったりします。
仮に親の言うことを聞かないときがあっても、頭ごなしに怒るのは子どもにとって良くありません。何故怒られたのかを理解できず、自分の存在が否定されたような気になってしまいます。
感情的に怒るのではなく、理由を説明するとともに叱るクセを親としてしっかりと身に付けましょう。なぜ自分の行動がダメだったのかの理由として聞いた言葉も、記憶のなかに残ることがあります。
ダメなことはダメと叱りながら、色々なことを自分でやりたいという気持ちに寄り添い、子どもを大きく受け止めてあげましょう。
 

イヤイヤ期の接し方3つのポイント

2歳児の育て方で発達が変わる? イヤイヤ気の接し方とトレーニング方法について解説!
感情の基礎ができてくるこの時期に、褒められてばかりや怒られてばかりはよくありません。次の4つのポイントをおさえ、メリハリをつけて育てることが大切です。
 

1. よいことをしたら褒める

よいことをしたら褒めてもらえるという感覚は、自分が大切にされてるという感覚に繋がります。よいことをした時はしっかりと褒めることで、子どもに自分に対する自信を付けさせていきましょう。
 

2. 悪いことをしたら理由を説明しながら叱る

2歳児はまだまだ、何がよいことで何が悪いことかをしっかりと判別することができません。そんなときに感情的に怒られる経験を重ねると、何をするにも臆病な子になったり、友達にも八つ当たりするようになったりすることがあります。
自分を肯定する気持ちを持ちにくくなり、精神的に不安定なことが増えたり、逆に親の言うことをますます聞かなくなったりするケースもあるでしょう。
悪いことをしたときは感情的に怒るのではなく、なぜ叱られているのか理由をしっかりと認識させ、今後はどのようにすればよいのかを示してあげましょう。すぐには直らないことも多いですが、根気強く伝えていくのがポイントです。
子ども同士でケンカになった場合でも、なぜケンカになってしまったのか理由をしっかりと聞いてあげましょう。
 

3. 感謝の気持ちを積極的に示す

人に対してありがとうという感謝の気持ちを持つことは、心を豊かにします。親自身が積極的に感謝の気持ちを示すようにしましょう。
たとえば、子どもが絵などを書いてプレゼントしてくれたときには、「ありがとう」「うれしい」という言葉をかけてあげることが大切です。
 

4. 子どもの言いなりになるのはよくない

気をつけたほうがよいのは、子どもの言いなりになってしまうことです。言いなりになってしまうと、わがままに育ってしまう可能性が高まりますので、粘り強く2歳児と向き合いましょう。
また、曖昧な表現で伝えても、一体なぜ叱られてるのかが理解できないこともあります。簡潔にわかりやすい言葉で伝えてあげましょう。
 

イヤイヤ期に伸びる5つの力

イヤイヤ期になると、自己主張する力だけでなく、次のような力もついてきます。
 

1. 言葉能力が高まり自分の意見を言えるようになる

2歳児は言語能力が非常に高まる時期でもあります。自分で自分の名前が言えるようになる時期でもあります。また、短い言葉も身についてきて、2単語・3単語の文章で自分の意見を言えたりするときもあります。
 

2. 好奇心旺盛で何にでも興味を示す

見るものが何もかも新鮮なので、2歳児はさまざまなものに興味を示します。触れてほしくないこと、開けてほしくない場所はロックをかけるなど対応して、できるだけ自由に動けるように環境を整えましょう。
質問をしてくるようなことがあれば、一つひとつ丁寧に対応します。答えるのに疲れてきたら、逆に質問し返すなどして、2歳児に時間を取らせましょう。
 

3. 数の認識ができはじめる

2歳は数の認識ができはじめるころです。小さい数は少しずつ覚え始めますので、一緒に数を数えるなどして概念を伝えていくことをおすすめします。数え歌などを聞かせたり一緒に歌ったりして、楽しみながら数の概念に慣れさせていくのも効果的です。
 

4. 体力がつき遊びにも本気になる

2歳児になると、体力がつき、本格的な遊びも増えてきます。たとえば砂遊びでも、ただ砂を触るだけでなく、スコップですくって山を作るなど子どもなりの工夫が見られるようになります。水を使わせると砂遊びのバリエーションが増えるため、バケツと水を使わせてみてもよいかもしれません。
また、2歳児は歩くだけでなくジャンプなどもできるようになります。思い切り運動できる安全な場所を探しておくといいでしょう。
 

5. 手先が器用になる

スプーンなどで食事を取ったり、クレヨンで線をかけたりするようになります。お絵描き遊びができるように、画用紙などを与えてもよいでしょう。
また指先を動かす遊びは2歳児の発育に役立ちますので、ぜひチャレンジさせましょう。
 

やる気を刺激してトイレトレーニングを始めるのも効果的

2歳児になると、便意をもよおしたときに「うんち」や「おしっこ」と言える子どもも増えてきます。伝えられるようになったら、トイレトレーニングを始めるのも効果的です。
ただし、毎回伝えられるとは限りません。臭いにおいを嗅ぐのが嫌などの理由で、実際にはおむつの中にしているときも「していない」などと嘘をついたりするときもあります。
最初から簡単にトイレで用を足せるようになるのは難しいので、トイレトレーニングでは親の方が気長に構えることが大切です。
 

トイレが上手にできるかは2歳児のやる気次第

トイレトレーニングをスムーズに進めるためには、適切に褒めてあげることが大切です。
トイレに行きたいと自分から言ってきたときはしっかりと褒めてあげましょう。また、オムツが外れることはかっこいいこと・かわいいことだと伝えて、2歳児の自尊心を刺激するのもよいでしょう。
 

生活の区切りにおまるに座らせる

自分から「トイレに行きたい」と言わないような場合は、起きたときや出かける前など、生活の区切りで2歳児をおまるに座らせるといいでしょう。もし用を足せた時はしっかりと褒めてあげてください。