胎教・幼児教育なら幼児教室ヘーグル
右脳開発でお子様の才能を開花
幼児教室ヘーグル 無料ヘーグル教育説明会 お問い合わせ・資料請求

右脳開発で”天才”を引き出す

幼児教育の豆知識

3歳の教育で気を付けるべきポイントとは?今日からできる事例もご紹介!

3歳の教育で気を付けるべきポイント
3歳くらいになると会話がスムーズになり運動能力もアップするので、何かにチャレンジさせてみたいと感じるお母さん、お父さんは多いでしょう。子どもが新しい経験を楽しみながら取り組めるように、まずは3歳児の特徴を知ることが大切です。

本記事を読むことで、今日からできる具体的なアイデアを知ることができるようになっていますので、是非参考にしてください。

【そのほかの年齢についてはこちらの関連記事をチェック】
【そのほかの年齢については
こちらの関連記事をチェック】

 

0歳児   1歳児   2歳児

4歳児   5歳児   6歳児

 

「3歳児」ってどんな時期?

3歳ごろになると子どもは自分のベースをつくり始めます。
脳科学の分野では、3歳までに80%、6歳までに90%程度が完成されるといわれており、成長が著しい時期です。
知恵や体力もついてきて、集団生活ができるようにもなります。
3歳児の成長について具体的にチェックしてみましょう。

手先が器用になる

3歳ごろになると、ハサミなどの道具を使えるようになるなど、手先が器用になります。
手先は第2の脳といわれるほど神経が集中している部分です。
手先を動かすことで脳に刺激を与えるので、脳が80%程度まで完成する3歳ごろは手先を動かすことを意識的に行いましょう。

運動神経の発達

3歳児は運動神経が発達し、ボール遊びやマット運動などができるようなる時期です。
アスリートは膨大な時間を掛けてトレーニングすることによって、筋肉をどのようなタイミングで動かせばパフォーマンスが上がるのかを脳内で作り出します。

3歳ごろの子供はアスリートのような激しいトレーニングをしなくても、遊びを通してアスリートのようなプログラムの基礎を脳内で作ることができます。
3歳という成長が著しい時期に多くの経験を積ませて動きの引き出しをたくさん作ることが大切です。

知能の発達

3歳ごろまでに脳は80%程度まで完成しますが、一時的な情報を短期間覚えられる左脳の記憶力は3歳ごろからピークに向けて発達していきます。
多くの情報を長期間記憶できる右脳記憶のピークは3歳といわれています。
3歳はできるだけたくさんの情報を与えて記憶力アップを目指したい時期です。

また、3歳児は想像力や感受性が発達する時期でもあります。物語を自分で作る、おままごとで遊ぶなどができるようになる時期です。
絵本を読むなどの想像力や感受性を伸ばすトレーニングが向いています。

3歳児は自分の気持ちを言葉にして相手に伝えることができるようになる大切な成長段階でもあります。
しかし、イヤイヤ期、反抗期とも呼ばれ、お母さんやお父さんは疲れてしまうこともあるでしょう。

3歳児と上手に向き合うコツについては下記記事を参考にしてください。

 

【お母さんお父さん必見!】3歳の教育で抑えるべきポイントとは?

3歳ごろは心も体も成長が著しく、子どもにとって大切な時期であることがわかりました。
こちらでは、子どもの教育のためにお母さんやお父さんが抑えておきたいポイントについてご紹介します。

子どもを1人の人間として尊重する

子どもは自分が認められていると感じると自己肯定感を得られます。
逆に大人に言葉を遮られたりすると上手に意見を言えなくなり、自分の意見が言えない子どもに育ってしまうこともあるでしょう。
頭では理解しているのに、上手く言葉で表現できないということがあるかもしれません。
お母さんやお父さんは、子どもの気持ちをできるだけ言葉で表現させるようにする、子どもが言い終わるまで気長に待つということが大切です。

子どもの興味を持てるものを正しく理解する

3歳児は自分がやりたいという気持ちをとても強く持っています。
また、記憶力が発達している時期なので失敗したことや嫌な思いをしたことは、後になってもずっと覚えている時期です。
3歳ごろは子どもがやりたいという気持ちを尊重し、チャレンジできる環境を整えてあげることが何よりも大切といえるでしょう。

教育以外の経験も積極的にさせてあげる

3歳ごろは脳が発達する大切な時期なので、教育に情熱を注ぐお母さんやお父さんは多いでしょう。
しかし、3歳児は脳だけではなく、手先の器用さや運動神経、想像力や感受性の飛躍などあらゆる面で成長する時期です。

教育以外にも遊びや日常生活を通して心身を成長することができます。
出来るだけ多くの機会を与え、あらゆる経験を積極的にさせることも子どもの成長に欠かせません。

 

今日からできる!子供のためにできる具体的なアイデア5選!

3歳の教育で気を付けるべきポイント
3歳の子どもの成長を促すために、今日からできる具体的な5つのアイデアをご紹介します。
どのアイデアも家庭でできることばかりなので、是非チャレンジしてください。

絵本の読み聞かせ

右脳の記憶容量を上げるには子どもがイメージする力を伸ばすことが大切です。
まるでカメラのシャッターを切るようにイメージとして頭に取り込めば、苦労しなくても多くのことを記憶できます。
絵本の読み聞かせは絵と言葉の情報をイメージしやすいのでまさに最適な形といえるでしょう。

1日10冊の本を読み聞かせることを3年間続ければ1万冊の本を読み聞かせることになります。
図書館で借りることもできるので、ジャンルを問わず幅広い種類の絵本を読んであげましょう。

机に向かう習慣づけ

いざ勉強を始めようと思っても、机に向かう習慣が無ければ途中で飽きて嫌になってしまいます。
しかし、3歳ごろから机に向かうことを習慣づけてしまえば、苦になりません。
始めは鉛筆を持ってグルグルと円を書く、好きな絵を描くというようなことから始めても大丈夫です。
休んでも構わないので、できるときに机に向かう習慣づけをしましょう。

ある程度机に向かう習慣がついたら、市販のドリルなどに挑戦するのもおすすめです。
ゲーム感覚で取り組ませ、プリントが終わったら好きなシールを貼ってあげるなど工夫をしてみましょう。
学ぶことを楽しいと思わせることが何よりも大切です。

道具を使った室内遊び

3歳児は手先が器用になります。
道具を使ってさまざまな作業ができるようになるので、室内遊びのときは意識的に道具を与えて手先を使った遊びにチャレンジしてみましょう。
工作、折り紙、ビーズ、ブロック、パズルなど手先を使う遊びはたくさんあります。

花、虫、動物、乗り物など子どもが好きなジャンルやキャラクターグッズを上手に利用して、子どもが興味を持つように誘導しても良いでしょう。
幼児期の手先を鍛えておくと、園や学校で作業をするときに同じ作業でも早さや器用さが変わってきます。

外遊びでさまざまな動きにチャレンジ

特定の運動を毎日繰り返すのではなく、公園などで遊ぶときは、走る、飛ぶ、投げる、蹴るといった基本動作を意識的に行うのがおすすめです。
今日はかけっこ、明日は縄跳び、次の日はボール投げやサッカーなど、毎日種目を変えて遊んでみましょう。

子どもは遊びの中で、さまざまな動作に関する引き出しを脳内にたくさん作ります。
幼児期の運動の積み重ねが小学校に入ったときのかけっこや跳び箱、球技などの準備になるので、できるだけ色々な種類の運動にチャレンジしてみましょう。

自立に向けた生活習慣づくり

3歳の教育で気を付けるべきポイント保育園や幼稚園などの集団生活に向けて、自分のことをスムーズにできるようになる生活習慣づくりをするのもおすすめです。
ひとりで着替えられるようにする、お箸の練習をする、脱いだ洋服をたたむなどは手先を動かすので器用さの訓練にもなります。

家の掃除や雑巾がけなどは運動にもなるので、雨の日や寒い日の室内遊び代わりに親子で一緒に掃除をするのも良いでしょう。
普段大人がやっていることを自分ができるようになるということは、子どもの達成感も育みます。

簡単な料理の手伝いもおすすめです。
料理を教えるとともに食材の種類、色、ジャンルなども声に出して確認しながら行うと子どもの知識がアップします。
料理が終わったら土の中から掘り起こす野菜、地上に生えた野菜など育ち方などを図鑑で確認して教えるのも良いでしょう。
野菜だけでも数百種類あるので、知識が広がります。

 

まとめ

「三つ子の魂百まで」とも言われる様に、、3歳は心も体も成長するうえで大切な時期です。
3歳児が興味を抱くような教育やワクワクする体験を積ませてあげたいですよね。
しかし、家で親がつきっきりで教えるのにも限界があります。
習い事で机に向かう習慣や多彩な教材に出会う機会を与えるのもおすすめです。

幼児教室のへーグルでは心の教育、右脳・左脳教育、体の教育と年齢に合わせた能力をバランス良く鍛え、家では真似できないきめ細かいプログラムで子どもの力を伸ばします。
口コミだけで世界11カ国まで自然派性的に広がる教育メソッドを一度体験してみませんか。

 

実際にヘーグルに通っている保護者様の声はこちら

 

ヘーグル教育説明会
お問い合わせ・資料請求

 

関連記事

カテゴリー

幼児教育の豆知識 よくある質問

コース案内

2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

最近の記事

  1. 子育ての知恵ぶろぐ 第303回 受験期にさらに染みるスティーブ ジョブズ最後の言葉

  2. 子育ての知恵ぶろぐ 第302回 シンガポール・ヘーグル生 続々GEP合格!

  3. 子育ての知恵ぶろぐ 第301回 MEP卒業生が大手広告会社入社3年目でMVP獲得!