5歳児の特徴と接し方のポイントを解説!

幼児期の中でも、5歳児は社会性やコミュニケーション力、理解力・記憶力など様々な能力が目に見えて向上します。5歳児やその親と接する機会が多い大人は、彼らの特徴をしっかり理解し、かつ個別性を持った接し方を心がける必要があるでしょう。

今回は、5歳児とどう接するべきか悩んでいる人のために、5歳児の特徴とその接し方についてまとめました。

5歳児の身体的特徴の目安

心理学者のエリクソンが提唱した「心理社会的発達理論」によると、5歳児は「幼児後期」に分類されます。そして文部科学省が公表している「学校保健統計」によると、彼らの身長・体重の平均値は以下の通りになります。[注1]

 

項目
身長 110.3cm 109.4㎝
体重 18.9㎏ 18.6㎏

 

また平成22年度に厚生労働省から公表されている「乳幼児身体発育調査」によると、5歳の前期と後期で成長目安は異なるそうです。[注2]

 

5歳(0~6ヵ月の成長目安)
項目
身長 100.5㎝~116.5㎝

(中央値108.0㎝)

99.1㎝~114.8㎝

(中央値107.3㎝)

体重 14.37㎏~23.15㎏

(中央値17.56㎏)

14.01㎏~22.69㎏

(中央値17.32㎏)

5歳(6~12ヵ月)の成長目安
身長 103.3㎝~119.9㎝

(中央値111.3㎝)

101.6㎝~118.2㎝

(中央値110.6㎝)

体重 15.03㎏~24.33㎏

(中央値18.63㎏)

14.81㎏~24.22㎏

(中央値18.27㎏)

 

この表から、男女ともに5歳児の身体的成長は振れ幅があることが分かります。これは成長過程において個人差が生まれやすいことも指しているとも考えられるでしょう。

[注1]文部科学省「学校保健統計」
https://www.mext.go.jp/b_menu/toukei/chousa05/hoken/1268826.htm
[注2]厚生労働省「平成22年度 乳幼児身体発育調査」
https://www.mhlw.go.jp/toukei/list/73-22b.html

5歳児に見られる発達の特徴

5歳児は、身長と体重の成長と同時に心も大きく発達します。
以下に、5歳児に見られる発達の特徴についてまとめました。

社会性が育ち始める

5歳児からは「社会性」が育ち始めます。この時期の経験や学びから、自分以外の人から受け取れる感情を想像できるようになるのです。そして社会性が育つにつれて自己欲求を押しとどめることができるようにもなります。

今まではルールに従って遊ぶことができなかったものの、この部分の発達によってルール通りに遊んだり、感情のコントロールもうまくできるようになったりするでしょう。おおまかではありますが、道徳の理解が徐々に進み公共の場でのマナーも意識できるようになるでしょう。

また、個人差はあるものの他者からの要求にも理解・行動を示せるようになる子もいます。その結果、自分よりも小さい子や高齢者に対して、思いやりの心も育まれるのです。

コミュニケーション能力が向上する

5歳児はコミュニケーション能力も向上すると考えられています。特に保育園や幼稚園の中で育まれることが多く、みんなと同じ生活習慣を築いたり、お友だちと何かを作ったりして遊ぶことが身についてきます。

しかし、一方でお友だちとの衝突も多くなる傾向にあります。ただこれはコミュニケーション能力が向上してきている証でもあるため、些細な衝突を完全に抑え込むことはしない方が良いかもしれません。

理解力・記憶力が向上する

5歳児からは理解力・記憶力も向上し以下のようなことができるようになります。

● 時間や曜日が理解できるようになる(概念から理解)
●「大小」「重軽」の比較が可能になる
● 論理的思考が身につき始める
● 数的理解力が身につき、ある程度の数を数えられる
● 文字の読み書きに興味を示しはじめる
● 理解するだけではなく長期記憶も可能になる

中でも、論理的な思考や判断、推測といった分野が伸びる傾向にあり、図形やその位置、色、話の内容などを理解しつつ記憶できるようになると考えられています。

そのため、今までよりも少し複雑な指示やお願いも実行できるようになっていきます。また曜日、時間、数の考え方、「大きい・小さい」などが比較できるようになる5歳児もいます。

5歳児と接するときは発達を促すような働きかけを

年齢に限らず、発達段階にある子どもと接するときはそれらの世代にあった発達を促すような働きかけが必要になります。5歳児に対しては、次のような接し方をすると良いでしょう。

大人自身がルールを守る姿を見せる

上述したように、5歳児はルールを理解し始める時期です。ただまだルールの善悪を知らないため、大人が見せる一挙手一投足が絶対ルールだと勘違いしてしまうこともあります。

したがって、5歳児と接する場合は特にルールを守る姿を見せましょう。指導する大人が肝心のルールを守っていないようでは説得力がありません。よく「大人だから特別」と勝手なルールを追加する人もいますが、それは子ども発達だけではなく社会性にも影響を与えてしまうため、止めた方が良いでしょう。

自身で考え行動させるような声かけをする

物事のルールを守らせて、社会性を育むには、自分で考えて行動させるような声かけが必要です。それによって物事や人に対して主体的に関わる力も身につき「考えて発言・行動する力」が育まれます。

なるべく指示をするのではなく「どうしたらよいと思う?」と聞くようにして、必要時にサポートしてあげるようにしましょう。

さまざまな人と触れ合う機会を作る

5歳児にとって様々な年齢や異性と触れ合う機会は、小学生になったときの社会性構築に大きな財産となります。なぜなら、この頃の子どもは、同年齢はもちろん歳の差がある子どもや大人との交流の中で、適切な立ち振る舞いや接し方を体感し学べるためです。

また、さまざまな人と交流する機会を持つことで、「考える力」も育まれます。

押し付けるような叱り方・説得はNG

何度も述べているように、5歳児には考えさせることが重要です。もし何か悪いことをしても、頭ごなしに叱って押し付けてしまうのはやめましょう。

例えば、子どもが保育園や幼稚園の子どもと喧嘩になり叩いてしまったとします。そのときは、頭ごなしに叱るのではなく「なんで叩くのが悪いと思う?」「お友だちから自分が叩かれたらどう思うかな?」と冷静に伝えるようにしましょう。5歳児も発達段階とはいえ、自分の考えや気持ちを言葉にするはずです。

このように、冷静に伝えることで子どもは自分で考えて物事の良し悪しを身に付けていきます。結果として、大人になっても自分の考えや気持ちをしっかり言葉にして伝えられるようになるでしょう。

5歳児の発達は著しい!状況に応じて柔軟に対応しましょう

5歳児の発達はかなり著しく、子どもによってはいきなり大人っぽくなることもあります。ただそれらは5歳児にとっては良い傾向であるため、さらに育むような接し方で見守っていきましょう。

5歳児はエリクソンの発達段階でいう、最終局面に位置します。次の年には小学校に通うことにもなるため、この時期に社会性の基礎は構築しておいた方が良いでしょう。

もし5歳児との関わり方で困ったら、ぜひまたこの記事を読み返してみてください。