第15回 幼児期のイメージ教育がマルチ処理能力につながる

「右脳的処理」は、時系列を超えた処理も得意です。 夢の中では、十年前に起こった出来事が、 今目の前で起こっているかのように 鮮明に思い描かれることがあります。 イメージの中では、「今」も「過去」も「未来」もないのです。 …

第6回 幼児期に右脳に刺激を与えると脳の器が大きくなる

左脳的に考えたのではどうしても結びつかないことが、 脳の中では大いに関係があるようなのです。 ですから、能力を高めようとするならば、目的にあった手法を 的確に用いなければなりません。 たとえば、記憶力を高めようとして、や…

第2回 右脳=マルチ能力を身につけさせましょう

イメージの力が使えるようになると、 それは“マルチ能力”につながっていきます。 左脳は、一つの処理が終わったら次の処理というふうに、 順番に物事を一つ一つ処理していきます。 それに対して右脳は、たくさんのことを同時に処理…

第1回 幼児期から「イメージ力」が使える子に育てましょう

成功している人たちや、スポーツマンの多くは、 『イメージ力』をうまく使っています。 この『イメージ力』とは、 目を閉じたときにあたかもそこにいるような映像を 見ることのできる右脳的な力です。 大人ではイメージを見るのはな…